抜け毛の原因を知ろう

AGAは男性型脱毛症と呼ばれる薄毛です。
AGAは20代から30代の男性の薄毛に多く見られる症状で、AGAの症状を持つ人の頭皮にはDHTと呼ばれる物質が多く存在すると言います。
そもそもAGAと言うのは、遺伝子の影響により男性ホルモンの1つとなるテストステロンが体内の酵素と結びつき、DHTと呼ばれる物質に変換され、毛周期を狂わせる事で薄毛の症状が起きると言う特徴を持つのです。
そして、AGAの症状を持つ人の頭皮には、薄毛の原因を作り出しているDHTと呼ばれる物質が多く存在しているのだと言われているのです。

AGAの治療薬として利用されているのがプロペシアです。
プロペシアは医薬品であり、専門医の処方を受けて服用する事が大切だと言います。

これはプロペシアには男性機能の低下などの副作用が起きる事もあるからで、専門医の指示に従って服用をして薄毛の治療を行う事が大切なのです。

尚、プロペシアはDHTを抑制する効果を持つ医薬品です。
治療を受けると、1か月分の医薬品が処方され、自宅などで服用をして治療を進めて行きます。
プロペシアは、DHTを阻害させてくれて、髪の毛の毛周期を正しくしてくれるのです。

効果が出るまでには個人差が有ると言いますが、3ヶ月ほど服用をする事で抜け毛の量が減ると言う特徴を持っているのです。

毛周期には成長期、休止期、退行期と言う3つのサイクルがあるのですが、DHTは髪の毛を成長させる期間でもある成長期の期間を極端に短くしていまい、成長するはずの髪の毛が途中で抜け落ち、これが原因で抜け毛の症状を引き起こすのです。
しかし、プロペシアを服用する事で、悪さをしているDHTを阻害させてくれるため、毛周期を正しくしてくれることからも抜け毛を防止することが出来るようになるのです。